2012年12月30日

JRマイクロ ホルスター

JRマイクロ ホルスター
各種、各色¥20000(税別)
 
  JR Holster はフィリピン製の実銃用ホルスターメーカーです。 JRは、サウスアフリカ製レースホルスター「CRスピード」のコピーから出発しましたが、フィリピンはアジアで最もIPSCが盛んな国のひとつです。 繰り返し実戦でプルーフされた結果、遂にCRスピードを超えるレースホルスターを誕生させました。
 IPSCのように、座ったりしゃがんだり、時にはプローンしたりと、アクティブに動き回る競技では銃口を支える部分が邪魔に成ってしまいます。 その為、リムキャットやゴースト、ダブルアルファといった、トリガーガードをロックするだけで、銃口を支えない構造のホルスターが増えています。


 JRマイクロは、こうしたニーズに合わせてCRスピードの先端を切取ったようなデザインに成っています。 しかも、銃を抜く時の抵抗は殆ど感じられずストロークも短いのですが、セフティーロックのレバーが大型でCRスピードとは逆側に付いていますので、セフティーロックの操作性も向上していて高い安全性も有しています(^^)

 たとえロックを解除し忘れても、ホルスターから銃を抜く時に中指がレバーに触れますので、慣れればロックを解除しながら銃を抜く事ができます。 また、レバーが内側に付いているので、IPSCのような激しく動き回る競技でも、レバーが何かに触れて誤作動する心配がありません。
 日本では、まだマイナーですが、3ガンマッチ(ハンドガン、ライフル、ショットガンの3種類を1つの競技で使用)では、ライフルやショットガンを撃つ時にはハンドガンをホルスターに収めておきますが、激しく動き回っても銃が落ちないようにロックを掛けておきます。 ゴーストやダブルアルファはレバーが小さく操作しにくいですし、CRスピードはレバーが外側に付いているので移動中何かに触れてロックが解除されてしまう危険性があります。 
しかし、JRホルスターなら心配有りません。 ロック解除もホルスターから銃を抜く動作の中で自然に行えます(^^)v


 更に、オール樹脂製ですので非常に軽量です! IPSCのように激しく動き回るマッチではホルスターが軽量である事は重要です。 先日アームズマガジン主催のPIS CHALLENGE が行われ、大盛況でしたし、12月15日(日)には静岡県のインドアフィールド SPECIAL FORCE にて SPECIAL FORCE X’masシューティングイベント が開催されます。 今までは、シューティングマッチといえば室内で行われるのが当たり前でしたが、サバイバルゲームフィールドを会場に、アクティブに動き回るスタイルのシューティングマッチが流行の兆しです! そんなシチュエーションにぴったりなホルスターです(^^)/
樹脂製とは言っても、フィリピンのIPSCで実際に使用されていますので耐久性は心配有りません(^^) 対応する銃の種類も多く、豊富なカラーバリエーションも魅力です。
今回も少量の入荷です。 リクエストが有れば今後も仕入れるつもりですが、何しろ輸入モノは入荷が不安定で時間が掛かりますし、価格も変動します。 ご希望の方はお早目に! 



JRマイクロ M9,M9A1用
(CZ用をベースにM9(M92F)、ソードカトラス、M9A1にフィットするよう調整致しました)
各色¥20000(税別)
ご注文はコチラ





カスタムパーツはフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/  


Posted by フリーダムアート at 21:48実物ホルスター