2017年02月28日

G26AD HCアングルSTDカスタム

 シューティングマッチの会場に行くと様々なレースガンを見る事が出来ますが、その殆どが選手自身の手による自作カスタムです。 試行錯誤を繰り返し様々なパーツを試しながら自分に合ったレースガンを作って行くのです。 私はレースガンを作るのが楽しくてシューティングマッチに参加しているのですが、本来レースガンは試合の為の道具です。 「上手く成りたかったら銃をいじる前に練習しろ!」というのは至極ごもっともな話ですし、誰もが工作好きという訳では有りません。 また、良いレースガンを仕上げる為に試行錯誤するという事は、それなりに時間もお金も掛かります。。。
「低予算で手っ取り早くレースガンを手に入れたい!」そんな貴方にオススメなのが
G26AD HCアングルSTDカスタムです!

※この商品は対象年齢18歳以上用ですので年齢確認が必要です。お申し込みは arara@gun-freedom-art.com へメールでお願い致します。
 
 多くのシューターはハイキャパなどのM1911系の銃を使用しています。 なのに何故グロックが良いのかと言うと、M1911系はサムセフティーとグリップセフティーという2重の安全装置を備えています。 ホルスターから銃を抜いて狙いを定めるまでの間に、親指でサムセフティーを解除し、グリップをしっかり握ってグリップセフティーを解除します。 一方グロックの場合はトリガーに安全装置が有るので、トリガーを引くだけで安全装置を解除し、発砲する事が出来ます。 また、グリップセフティーが無いので、グリップの握りが甘くてグリップセフティーを解除し損なうというリスクも有りません。 グロックは初心者向きなのです。

 では何故M1911系が人気かというと、M1911に比べるとグロックの歴史は浅く、実銃でグロックの本格的なレースガンが作られるようになったのは最近の事だからです。 日本のシューティングマッチは海外の実銃マッチをエアガンで再現していますから海外のトップシューターが使っているM1911系のレースガンに憧れる訳ですね(^^)
 M1911系に慣れている選手にはトリガーにセフティーが付いているグロックのトリガータッチは独特ですしグリップの角度も違いますから違和感を感じますが、G26AD HCアングルSTDカスタムの場合、トリガーストロークを短くチューニングしてありますし、グリップアングルはM1911系と同じにしてあるので問題ありません! また、トリガーガードのデザインがハイキャパと同じになっていますから、ハイキャパ用レースホルスターを使うことができます(^^)v


 ひとくちにグロックと言ってもイロイロ種類が有りますが、G17ではなく東京マルイが創作した架空銃であるG26アドバンスをベースにするのには理由があります。 命中精度を上げる為に最も効果が有るのはインナーバレルの固定です。 多くのエアガンは実銃の動作をリアルに再現すべくアウターバレルがショートリコイルします。 その為、インナーバレルはチャンバー側だけで固定されています。 新品のうちは良いのですが、メンテナンスの為に分解組立を繰り返すうちにインナーバレルの固定が甘く成ってガタが生じます。 そうなると命中精度もガタガタです(^^; そこで、フレームを延長してコンペセイターを固定し、コンペセイターでインナーバレルの先端を支えてガタを防ぐというのがレースガン造りの基本です。 しかし、これを自分で工作するのは簡単では有りません。 そこでフリーダムアートでは誰でも簡単にインナーバレルの固定ができるように「アキュコンプシステム」という商品を販売しています。
 G26アドバンスの場合は最初からコンペセイターが付いていますからアサルトフレームを使えば純正コンペセイターを利用して安上がりにアキュコンプ化できます。 また、反動を低減し作動レスポンスを上げる為にはスライドの軽量化やショートストローク化が有効なのですが、G17よりも短く軽量でストロークの短いG26のスライドを装備しているG26アドバンスは有利なのです。 
 


 拳銃射撃で重要なのは ①正しく握り ②正しく狙い ③正しくトリガーを引く 事です。 


アサルトフレームは正しいグリップを助けます。
 拳銃は真後ろからまっすぐ握り、銃と腕が一直線に成るようにします。 出来るだけグリップの上側を握り、隙間を作らないようにします。 (指と指との間も隙間を作らない!) グリップが掌に馴染む優れたデザインなら、片手保持でも充分な安定感を得られます。 アサルトフレームは独特なエルゴノミクスデザインにより正しいグリップへ導きます。


 両手保持は、右利きの場合、左手も出来るだけグリップの上側を握り、指だけでなく掌も隙間を作らない様にしっかり握ります。 左手の親指はターゲトを指差すようなつもりでフレームの側面に添えます。 両手で銃を保持する場合、右手:3、左手:7くらいのつもりでグリップを握ります。 銃を支えるのは左手の役目、右手はトリガーを引くのが役目です。


フラッシュFサイトはダットサイトの様な素早いサイティングが可能です。
 G26AD HCアングルSTDカスタムはフラッシュFサイトを標準装備しています。 周囲の光を集めて光る集光アクリルを採用していて、ダットサイトの様な素早いサイティングが可能です。 集光アクリルはレッド、グリーン、イエローの3色から選べます。 


  
トリガーはチューニング済みです。
 正しくトリガーを引く為には、「遊び」を減らしストロークが短くレスポンスの良いトリガーが必要です。 G26AD HCアングルSTDカスタムは、純正トリガーを加工して「遊び」を減らしショートストロークでパチッと切れるようにしています。 



 G26AD HCアングルSTDカスタムは、単純にアサルトフレームを組み込んだだけではありません。 トリガーチューニンッグノ他、シャーシのレール部分を磨いてあり、スライドの動きもスムーズになっています(^^)


 G26AD HCアングルSTDカスタム は、すぐに試合で使えるように出来ています。 実際にイロイロな試合に出場してみて、その結果、必要に応じて進化させてください。 様々な選択肢をご用意しております(^^)

東京マルイ グロック用
マグバンパー

¥1200(税別)  詳しくはコチラ


G26ADアサルトフレーム用
ADマウントベース

¥5000(税別)  詳しくはコチラ

XT-6マウント
¥6500(税別)  詳しくはコチラ


 
 
C-MOREマウント
¥6800(税別)  詳しくはコチラ
 
 

東京マルイ G17/G26用
軽量樹脂ブリーチ

¥3800(税別)  詳しくはコチラ
 
 
 
東京マルイ G17/G26用
樹脂ラッガー

¥3500(税別)  詳しくはコチラ
  

グロックDXマウントA 
¥12000(税別)  詳しくはコチラ
※G26アドバンス スタンダードカスタムに組込むには加工が必要ですが工賃¥1000にて承ります。

グロックDXマウントC 
¥12800(税別)  詳しくはコチラ
※G26アドバンス スタンダードカスタムに組込むには加工が必要ですが工賃¥1000にて承ります。




競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/
  


Posted by フリーダムアート at 21:01東京マルイ グロック シリーズレースガン

2017年02月11日

G26AD用 アサルトフレームHCアングル

カラーヴァリエーション追加!



東京マルイG26アドアンス用
アサルトフレームHCアングル

¥13000(税別)





G26アドヴァンス用アサルトフレームHCアングルには
10個の特徴が有ります。

①グリップの角度がハイキャパと同じに成っています。 ハイキャパを使いなれた方でも違和感無く使えます。
②トリガーガードもハイキャパと同じにしてあるので、トリガーガードで支えるタイプのレースホルスターならハイキャパ用が使えます。
③後ろから見ると判りやすいのですが、グリップはちゃんとエルゴノミクスデザインを取り入れたグラマラスなカーブを描いていて、しっかり掌になじみます。
④左右に付けられたサムガード付きのサムレストは自然なハイグリップを可能にし、グリップした時の安定感を高めます。 更に、グリップ側面の窪みを敢えて残し、サムレストが苦手な方でも自然なグリップが出来るようにしました。

⑤延長されたビーバーテールはホルスタードロウのスピードアップをアシストします。
⑥マガジンの挿入口は適度に広げられ、素早いリロードが可能です。 しかも、この部分もハイキャパと同じ寸法なのでハイキャパ用のマグウェルが付けられます。

(海外製の場合は加工が必要な場合が有ります)

⑦この3連の穴は、マウントベースを取付ける為の物です。 この位置に別売りの専用マウントベースを取付ければアクセサリーレールを活かせますのでダットサイトとタクティカルライトの併用が出来ます。(^^)
⑧フレームに刻まれたアクセサリーレールにはタクティカルライト等を取付けられます。
⑨人差し指の繊細な動きを邪魔しないようにグリップの角を削っています。
⑩マガジンキャッチの周囲を凹ませて、誤操作を防ぎながらも操作し易くしました。


レースホルスターはハイキャパ用を使いますが、タクティカル系ならSafarilandタイプ579ホルスターがフィットします(^^) 
如何でしょうか? これを機にグロックに乗り換えてみませんか?

ちなみに、グロック用のレースホルスターには対応しませんので、グロック使いの皆さんは従来品をご利用ください(従来品は在庫限りで終了となりますのでご希望の方はお急ぎくださいね〜)


更にG26アドヴァンス用アサルトフレームHCアングルはグリップフィーリングを向上させるだけでなく、ちょっとした加工でアキュコンプシステムと同じ効果を得る事が出来ます。 純正コンペセイターを利用してインナーバレルを支え、フレームに固定できるように成っているのです。 これによって命中精度も向上します!


※誠に申し訳ございませんが、アサルトフレームは少量生産で製造コストが高く一般流通に載せる事が出来ません。 当社ネットショップの他、下記の特約店のみでの販売と成りますのであしからずご了承下さい。

ケイホビー TEL 049-247-2020
Web Shop GWA http://gwa2002.net/
上越コレクターズ TEL 025-520-6811
PAW WORKS TEL 0834-34-3779
アームズマガジンショップ TEL 046-297-7440
モケイパドック TEL 047-450-6655
SPECIAL FORCE  TEL 054-631-6922
射撃処 上矢 岡山店 Email : okayama☆shagekidocoro-kamiya.com(☆を@に変更して下さい)
シューティングレンジ TARGET-1 TEL 03-3525-4284
フォレッジグリーンときがわ TEL 0493-81-7244
ホビーショップ キットボーイ TEL 0277-76-2992 
  
 
 
カスタムパーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/   


2017年02月09日

グロックDXマウントC


各社グロック用
DXマウントC東京スコープXT-6対応

ブラック、シルバー 各¥12800(税別)



アルミ製の丈夫なマウントベースです。(アリゾナで実銃グロックに取り付けてテストしましたが充分使えました) DXマウントAやDXマウントB同様、無加工で簡単に取り付けられます(^^)v


DXマウントCは、取り付けた状態でもスライドロックを操作できます。 リアサイトを外せば、マウントを外さずに通常分解ができますのでメンテナンスが楽になりました(^^)

サムレストは左右どちら側にも取り付けらます。 なので、右利きでも左利きでもOK!! サムレストの取り付けは左右各4パターン! お好きな角度を選べます(^^)

例によってフレームの下側に回り込まないデザインなので、各種レースホルスターに対応しています。


グロックDXマウントCは基本的には東京スコープのXT-6用ですが、オプションパーツを使う事で C-MORE や Aimpoint Micro T1 やノーベルアームズCOMBAT T1 を取り付けられます。 
XT6マウント用
エイムポイントアダプター

¥3000(税別)

Aimpoint Micro T1 や ノーベルアームズCOMBAT T1 を取り付けることができます。


ホリゾンタルマウント
¥5000(税別)

C-MOREのレイルウェイやスライドライドを取り付けることができます。




※誠に申し訳ございませんが、DXマウントCは少量生産で製造コストが高く一般流通に載せる事が出来ません。 当社ネットショップの他、下記の特約店のみでの販売と成りますのであしからずご了承下さい。

ケイホビー TEL 049-247-2020
Web Shop GWA http://gwa2002.net/
上越コレクターズ TEL 025-520-6811
PAW WORKS TEL 0834-34-3779
アームズマガジンショップ TEL 046-297-7440
モケイパドック TEL 047-450-6655
SPECIAL FORCE  TEL 054-631-6922
射撃処 上矢 岡山店 Email : okayama☆shagekidocoro-kamiya.com(☆を@に変更して下さい)
シューティングレンジ TARGET-1 TEL 03-3525-4284
フォレッジグリーンときがわ TEL 0493-81-7244
ホビーショップ キットボーイ TEL 0277-76-2992 



カスタムパーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/   


2017年02月09日

エイムポイントアダプター


エイムポイントアダプター
ブラック、シルバー 各¥3000(税別)


XT-6マウントやグロックDXマウントB、CにエイムポイントMicro T-1やノーベルアームズCOMBAT T1を搭載する為のアダプターです。
ブラックはジュラコン製、シルバーはアルミ製です。

エイムポイントMicro T-1のベース部分を外し、エイムポイントアダプターを被せる。
 更にマウントを乗せて内側から付属の皿ネジで止める。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 



DXマウントB、Cにも使えます。


カスタムパーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/