2012年09月01日

アキュコンプD

東京マルイ G17&G18C用
グロック アキュコンプD 
  
各色¥29800(税別)


シューティングマッチで使用される銃と言うと東京マルイやWAのハイキャパシリーズが圧倒的ですが、実はグロックの方が有利だってご存知でしたか? 実銃の場合は独特なトリガーアクションに慣れが必要な為、コンペセイターやダットサイトの使用が許されるオープン部門では今一普及していないグロックですが、エアガンの場合はハンマー内蔵のシングルアクションですからトリガータッチは悪く有りません。 しかも、安全装置に関しては実銃同様トリガーセフティーだけでOKですから、ドロウしながらセフティーをOFFにしなくてはならないハイキャパシリーズよりも初弾を速く撃てます。 また、ボックス移動の際もいちいちサムセフティーを操作しなくて良いので、移動後にセフティーをOFFにしそこなうようなミスはメカニズム上起こりません。 更に、JANPSや IDPAのように銃を右手から左手に持ち替えるような状況があるマッチでは、サムセフティーの操作が要らない分、速く撃てますし、セフティーの操作に気を取られてバドグリップする危険も有りません。 グリップセフティーを握込み損なって撃てなく成るなんて心配も皆無です。











グロック アキュコンプDは、命中精度重視のφ6.1バレルにジュラコン製スリーブを差込み、アルミ削出しのマウントベース一体型コンペセイターで保持する事によってインナーバレルを固定します! ネバダ州のマスターガンスミス、ジーン・シューイ氏とのコラボで完成させたシャープなデザインは、見た目の軽快感だけでなくアキュコンプAやBよりも軽く、スピードを要求されるスチールチャレンジ系のマッチには特にお勧めです! しかも、フレーム下側に廻り込まないデザインなので、CRスピードやゴーストなどのマッチ用ホルスターが使用出来ます。
色は、ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、スカイブルー、ガンブルー、ピンク、グリーン、パープルの全9色をラインナップ!  


銃をしっかりホールドする為にサムレストも標準装備しています。  左右どちら側にも取り付けられますから右利きでも左利きでもOKです! 


更に、究極のローマウントを実現!  
ノーベルアームズ の TINY-DOT をマウントベースを使わずに直付け出来るようにデザインしました。  TINY-DOTを使えば見た目もスッキリまとまりますし、究極のローマウントを実現出来ます(^^)v
 C-MORE ホリゾンタルマウント2を使ってC-MOREを搭載する事もできます。
 ちなみに、20mmマウントレールも付属していますので、各種ダットサイトにも対応しています。 

アキュコンプD開発秘話はコチラ
アキュコンプ物語
その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10


カスタムパーツならフリーダムアート






同じカテゴリー(東京マルイ グロック シリーズ)の記事画像
新XT6マウント
G17/G22 アサルトフレームH2
G17/G22 次世代アキュコンプA
G26AD用アサルトフレーム2017
G17アサルトフレームH1
G26ADアサルトフレームHCアングル赤
同じカテゴリー(東京マルイ グロック シリーズ)の記事
 新XT6マウント (2017-10-05 16:04)
 G17/G22 アサルトフレームH2 (2017-08-23 12:01)
 G17/G22 次世代アキュコンプA (2017-08-22 12:01)
 G26AD用アサルトフレーム2017 (2017-07-03 20:28)
 G17アサルトフレームH1 (2017-05-28 21:01)
 G26ADアサルトフレームHCアングル赤 (2017-05-09 17:12)