2018年04月25日

グロックレースガンH


グロックレースガンH
¥78000(税別)   ご注文はコチラ

東京マルイのG17をベースに、次世代アキュコンプA・アサルトフレームH2・軽量樹脂ブリーチ・樹脂ラッガー・Glockのフタ・カラーマグバンパーの他、ファウヤフライのベアリング付きリコイルスプリングガイド、ガンズモディファイのカスタムトリガー・SJCタイプマウントベース、C-MOREタイプダットサイト、UFCのマグウェルを装備。 もちろん各部の調整を行っており、買ったらすぐ試合で使える豪華な内容です。



↑今ではシューティングマッチでグロックを使うシューターが沢山居ますが、グロックにコンペセイターやダットサイトを取り付けたオープンガンの草分けはSJCカスタムだと思います。 
 
2010年にチームグロックのリーダーだったDave Savigny選手は、USスチールチャレンジ(World Speed Shooting Championship)で準優勝、翌年のスチールチャレンジのウエストコーストリジョナルマッチでは優勝しました。 その時使っていた銃がSJCのオープンガンです。  
これを機に、グロックレースガンを手がけるガンスミスはどんどん増えて行き、今ではM1911系が幅を利かせるピストル射撃競技の世界で年々存在感を強めています(^^)


 
グロックレースガンHは、SJCカスタムをイメージした本格的レースガンです。 カスタム内容は、私が昨年のJSCで使用し、好成績(8.72秒 総合47位)を残した銃とほとんど同じです(^^)v

ところで、フリーダムアートでは実銃の模型は作りません。 実践の中から得た経験を基に、レースガンとしての性能向上や操作性の向上をオリジナルデザインで実現します。 ですから、SJCカスタムをイメージしていますが、いろいろ工夫を凝らしています。

グロックレースガンHは、アサルトフレームH2を使用しています。 実銃では純正グリップを焼きゴテで滑り止め加工しているため不可能ですが、矢印部分を盛り上げて掌にしっかり馴染むエルゴノミクス形状を実現しています。

スライドストップの後ろの突起は、小ぶりながらサムレストとして機能していてハイグリップした時の安定感を高めます。 また、マガジンキャッチの周りの窪みは、マガジンキャッチを延長する事なく操作性を向上させています。

トリガーガードの根元はえぐられていてハイグリップを助けます。 また、トリガーガード下部には控え目ながら滑り止め加工を施していて、サポートハンドの安定に一役買っています。


次世代アキュコンプAを装備してるので、ショートリコイルはキャンセル。 アウターバレルは、命中精度重視のNON-HOPバレルと共にフロントシャーシにガッチリ固定されていて、命中精度を高めています。 
ちなみに、ショートリコイルのギミックはスライドの作動抵抗になってしまいますし、純正のアウターバレルは壊れやすい部分でもあります。 次世代アキュコンプは、命中精度を高めるだけでなく、スライドの動きを妨げない事で作動レスポンスを向上させます。 その上、アウターバレルはアルミ製なので破損の心配はありません!

 大型のマグウェルはアルミ線。 素早いマガジンチェンジをアシストするだけでなく、ヒールレストとしても役立ちます。 

マグバンパーはブルーとレッドの2色があり、お好きな色を選べます(^^)




競技用パーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com





同じカテゴリー(レースガン(18歳以上用))の記事画像
オリジナル・ソフトケース
グロックカップガン
ハイキャパカップガン
ハイキャパETypeK
ハイキャパEレースガンTypeS
ハイキャパE レースガン
同じカテゴリー(レースガン(18歳以上用))の記事
 オリジナル・ソフトケース (2018-08-22 12:00)
 グロックカップガン (2018-07-15 12:01)
 ハイキャパカップガン (2018-07-14 19:36)
 ハイキャパETypeK (2018-06-22 19:45)
 ハイキャパEレースガンTypeS (2018-06-16 19:43)
 ハイキャパE レースガン (2018-05-15 21:05)